パチンコの負け額!一円も負けなのか?

パチンコ 1日の平均負け額は?

4円パチンコ、1円パチンコとありますが負ける時の平均は4円なら2万円、1円なら5千円です。

この金額は平均すると、打っている機種で当たりを引き、それなりの出玉になったり減ったりしながら追加投資したり台移動したりします。

今やめたら勝っているという時もある場合が多いのです。

しかしもう少し打ちたいとか、もう一回当てて勝ちを増やそうとか心に迷いがあり、結局負けで帰るパターンです。

大体この金額の前後が多いですが、今日は仕方ないとあきらめれる金額です。

しかしあの時やめておれば勝っていたのにと後悔する金額でもあります。

パチンコで一円でもマイナスなら負け?

1円でも負けなら負けです。

私の考えはホールに入店する前のサイフのお金より出る時減っていれば負けと思っています。

誰もパチンコ店に遊びに行っている人はいません。勝ちに行っているはずです。

ですから、ホールで買った飲料代も勝負のお金と計算します。

よく耳にするのは『今日は1万円負けたが、1万円で1日好きなことをしたと思えば安いものだ』という言葉です。

私は言い訳に過ぎないと思います。

好きなことをしてお金が増えればこの上ない喜びです。

負けて納得する人はいないと思います。

大負けしていてあきらめかけていた時に大連荘して負けが1000円になったといって喜ぶ人はいるでしょうが、トントンでもジュース代金が減っていれば私の場合は負けです。

トントンならOK!一円も負けないようにするには?

簡単に言えば勝っている時にやめれば絶対に負けません。

例えば店に入って千円投入し数回転で大当たりします。

それが単発であってもその時やめて帰れば勝ちです。

この理論です。

1円パチンコの甘デジで200円で当たって400円出たら即止めれば200円勝ちです。

逆にその日の波で当たりが全く引けない日があります。

こんな日は勝っている時がありません。

投資するたびに勝ちまでの道のりが遠くなります。

こんなパターンもあります。

意地になって当たる場で打ってやる!と意気込んで大負けになったりします。

かっている時にやめる戦法では、負ける日が大負けになりトータルでは絶対に負けになってしまいます。

究極の方法は4円パチンコなら8000円まで、1円なら2000円までしか打たないと決め、負けたら帰ることです。

逆にその金額内で当たりを引いて、勝っている状態で確変などが終わり通常に戻った時点でやめるのです。

たとえ100円でも勝っている場合です。

狙う機種は甘デジです。

タイプは100%ST機種が理想ですが、確変ループ機種か、V確変機種です。

甘デジなら早く当たる確率も高いので当たらない日が続いたりしますが当たる日が続いたりもします。

何故この金額かというと甘デジで確変が続いた場合に確実に勝ちに変われる金額だからです。

そのためには日ごろから初当たりのクセのいい台を見つけておくことです。

同じ1/99の確率でも基盤のクセなどにより、当たりやすい台とそうではない台が存在します。

また連荘しやすい台とそうでない台も存在します。

ここらのデータ取りも重要なポイントです。

また勝つためにはホールで無駄なお金は使わないようにします。

例えばジュースなどです。

勝つためには必要なことです。

ライトやミドル機種は少ない投資で当たる確率が非常に低いので打ってはいけません。1ヶ月全敗もありえます。

パチンコは欲を出して打ち続けて大勝ちする場合もありますが、確率から行くと負けになるほうが多いです。

軽い初当たりで快調に連荘を引き、終わってもすぐ当たりまた連荘などということがあっても一日打っていれば多くの場合はハマリがやってきます。

長く打てば打つほど負ける確立は高くなります。

重要なのは短時間で勝ち逃げすることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする